術語控え帖

もの知らずだと思ったことは..なかったのだが、どうもヌケテイル

術語控え帳

ちょっと立ち止まった言葉 術語・熟語を書いておきます

INDEX■発達心理学関連用語集

術語

シンギュラリティ

カタカナ語でいっぱいの(現代用語の基礎知識2018 情報技術)から

1.シンギュラリティsingularity

techunological singularity

技術的特異点 - Wikipedia

=科学技術が発達して、現在のか科学技術や知論が通用しなくなる地点をいう 

人工知能(AI)技術の進歩と関連したシンギュラリティ(現代用語の基礎知識)

2015年にGOOGLEが開発したDQN(ディープQネットワーク)というニューラルネットで構築されたAIは、テレビゲームを見ただけで攻略法を見出した 今後、シミュレートできるニューロンのシナプス結合の数が人間の脳を超えるとされる

さらに

45年ごろには人類を超えるAIが登場する可能性があるという:2045年問題

 

シミュレートsimulate(実際に近い状況で行われる)模擬実験、模擬的な検証

 語源はラテン語の「まねる」を意味する言葉。「本番をまねる=模擬実験」などの意味

 

2.ニューラルネットワーク

newral network

脳の神経回路をコンピュータープログラムでシミュレートし、脳の機能を人工的に実現しようというもの 

入力層から出力層の間に何層もの中間層を用意しておき、入力信号から出力信号までの間に通過した中間層(隠れ層)の経路(ネットワーク)に数学的重み付けを行うことで、自ら学習し推論が行えるようにする

入力層と出力層と間に何層もの深い層があるため、この情報伝達の過程をディープラーニングと呼ぶ

ニューラルネットワークは。映像や音声などのパターン認識に優れており、ネット上における画像。映像検索や顔認証機能などで活用される

 人工知能(AI)

1956年にアメリカのジョン・マッカーシーが命名

ニューラルネットワーク - Wikipedia

ジョン・マッカーシー - Wikipedia(John McCarthy, 1927- 2011)

 マービン・ミンスキーとならぶ初期の人工知能研究の第一人者。「人工知能; Artificial Intelligence」という用語は彼が1956年のダートマス会議のために1955年に出した提案書で初めて使用された。

3.ディープラーニング

ディープラーニング - Wikipedia

ディープラーニングは物体認識を中心にさまざまな分野で活用されている。(Wikipedia)