術語控え帖

もの知らずだと思ったことは..なかったのだが、どうもヌケテイル

術語控え帳

ちょっと立ち止まった言葉 術語・熟語を書いておきます

INDEX■発達心理学関連用語集

術語

ハンディキャップ仮説

ハンディキャップ理論Handicap theory)とは、1975年にイスラエル人の生物学者アモツ・ザハヴィ(Amotz Zahavi)によって提案された動物の一見非適応的な(個体の生存の可能性が減少するような)形態や行動の進化を説明する理論である。

ハンディキャップ理論 - Wikipedia

典型的な例:ガゼルの跳びはね行動(ストッティング)
ガゼルが捕食者であるライオンやチータによって脅かされるとき、ガゼルは最初にゆっくり走り、非常に高く跳ねる行動を示す。
ザハヴィは各々のガゼルが示すこの行動は、他の仲間より自分が健康で調子が良い個体であるということを捕食者に示し、捕食者がそれを追うことを避けなければならないようにするために行なっていると主張した。
この主張は捕食者が健康な個体を追いかけることは、最終的には実を結ぶことのない追跡となり、無駄なエネルギーを避けようとする捕食者への回避になるというものである。

 

アモツ・ザハヴィ - Wikipedia

アモツ・ザハヴィ(英: Amotz Zahavi、1928年1月1日 - 2017年5月12日)は、イスラエルの進化生物学者

 

『生物進化とハンディキャップ原理』 アモツ、アヴィシャグ・ザハヴィ共著 2001年 白揚社 (原著 The handicap principle: a missing piece of Darwin's puzzle. 1997年)