術語控え帖

もの知らずだと思ったことは..なかったのだが、どうもヌケテイル

術語控え帳

ちょっと立ち止まった言葉 術語・熟語を書いておきます

INDEX■発達心理学関連用語集

術語

クレッチマー 思春期危機

7.エルンスト・クレッチマー Ernst Kretschmer, 

クレッチマー 思春期危機

10代から始まる身体と心理とのズレから、不安定さが生じる

 クレッチマーが強調したのは内分泌機能の変動による心理的本能の作用であり,この危機の発現に生理学的成熟が大きな役割をはたすものとした。

 

エルンスト・クレッチマー - Wikipedia

エルンスト・クレッチマー Ernst Kretschmer, 1888 - 1964

クレッチマーは、パーソナリティの中心は気質であると考え、体型と気質を結びつけた3つの類型があるとした。

  • 細長型 - 分裂気質。静か、控えめ、真面目。(敏感性と鈍感性)
  • 肥満型 - 躁うつ気質(循環気質)。社交的、親切、温厚。
  • 闘士型(筋骨型) - 粘着気質。きちょうめん、熱中しやすい、頑固、興奮しやすい。

 主著「体格と性格」

 

体格と性格―体質の問題および気質の学説によせる研究 (1960年)

体格と性格―体質の問題および気質の学説によせる研究 (1960年)

 

 

kotobank.jp

体格と性格とを関連づけた実証的類型論は特に有名

 

危機(crisis)

「重大な変化の生ずる転回点」「選択や決断を迫られる岐路」