術語控え帖

もの知らずだと思ったことは..なかったのだが、どうもヌケテイル

術語控え帳

ちょっと立ち止まった言葉・熟語を書いておきます

INDEX 発達心理学 関連用語

マルチチュード

ネグリ=ハートのマルチチュード論

 

マルチチュードとは、

政治哲学者で元パドヴァ大学政治社会科学研究所教授であるアントニオ・ネグリとデューク大学文学部准教授であるマイケル・ハートが、

共著『帝国』および『マルチチュード』において

 

地球規模による民主主義を実現する可能性として、国境を越えるネットワーク上の権力として提唱している概念のことである。

 

ネグリはマルチチュードを、近代以降に登場した超大国覇権によるグローバルな世界秩序である帝国主義に対抗し、これからの世界を変革し得る存在としてそれぞれの国家国民企業を含む超国家的なネットワーク上の権力として位置付けている。

ネグリはマルチチュードについて、いわゆる19世紀以降の社会主義に代表される革命に見られた多様性差異性を無視したこれまでのありかたとは異なり、統合されたひとつの勢力ありながら多様性を失わない、かつ同一性と差異性の矛盾を問わぬ存在としている。

 ↑(マルチチュード - Wikipedia

 グローバルで中心を持たない権力やネットワークを新たな意味での帝国と位置付け、それに対抗する各地の人々の無数の試みをマルテチュードと呼び、マルテチュードを具体的に進めて帝国を乗り越えるための戦略として「共(コモン)」を打ち出した

 ↑『21世紀メディア論』(p254)

 

マルチチュード 上 ~<帝国>時代の戦争と民主主義 (NHKブックス)

マルチチュード 上 ~<帝国>時代の戦争と民主主義 (NHKブックス)

 

 

関連用語は

「文化帝国主義」という帝国・・文化帝国主義 - Wikipedia

 「コンテンツ産業」・・コンテンツ産業 - Wikipedia

日米のコンテンツ産業の違い - しっきーのブログ

<帝国> グローバル化の世界秩序とマルチチュードの可能性

<帝国> グローバル化の世界秩序とマルチチュードの可能性

  • 作者: アントニオ・ネグリ,マイケル・ハート,水嶋一憲,酒井隆史,浜邦彦,吉田俊実
  • 出版社/メーカー: 以文社
  • 発売日: 2003/01/23
  • メディア: 単行本
  • 購入: 6人 クリック: 94回
  • この商品を含むブログ (110件) を見る
 

 

グローバルとローカルの共振―ラテンアメリカのマルチチュード

グローバルとローカルの共振―ラテンアメリカのマルチチュード

 

 

book.asahi.com

 

 

ジョン・トムリンソン

グローバリゼーション―文化帝国主義を超えて

グローバリゼーション―文化帝国主義を超えて

 

文化の“脱領土化”がもたらす画一化(文化帝国主義)の危機と、新しい多元的連帯(コスモポリタリズム)の可能性を精緻に分析

 

 

郊外化 - Wikipedia郊外化する社会

 

「独自性より均質性が日常社会を貫徹しつつある」(by水越伸)