術語控え帖

もの知らずだと思ったことは..なかったのだが、どうもヌケテイル

術語控え帳

ちょっと立ち止まった言葉・熟語を書いておきます

INDEX 発達心理学 関連用語

複製・創作に関係する言葉

複製・創作に関係する言葉

Wikipedia

オートポイエーシス (autopoiesis)

ギリシャ語で自己製作 (ギリシャ語で auto, αυτό は自己、poiēsis, ποίησις は製作・生産・創作) を意味する造語であり、日本語ではしばしば自己創出、自己産出とも書かれる。
by (Wikipedia

 

オートポイエーシス・システム

1970年代初頭、チリの生物学者ウンベルト・マトゥラーナとフランシスコ・バレーラ (Francisco Javier Varela Garcia, 1946 — 2001) により、「生命の有機構成 (organization) とは何か」という本質的問いを見定めるものとして提唱された生命システムの本質に迫ろうとする概念

デジタル技術は、外的な複製・コピーの概念(アロポイエーシス・システム)内的な自己再生産の概念(オートポイエ―シス・システム)へとパラダイム変換させている。・・ここでいう、オートポイエ―シス・システムとはヴァレラ(Varela )によって提唱されている概念であり、位相空間を理解・解釈する閉システムをいう。 (『知的創造サイクルの法システム』p25 児玉晴男)

オートポイエーシス的システムは、アロポイエーシス (allopoiesis, 異種の産出の意) 的システムと対比できる。オートポイエーシス的システムは入力と出力を持たない。

http://www.systemicsarchive.com/ja/a/autopoiesis.html

ポイエーシスは、「制作」を意味する語で、テクネーに近い語である。テクネーは、現代語としては、テクニックやテクノロジーの語になって、もともとの語に近い意味が残っている。それに合わせてポイエーシスに対応する現代語を探すと、ポエム(詩)が見つかる。ポイエーシスは、本来そうした創造的、想像的な「物を作る」ことを意味する。
by河本英夫〈わたし〉の哲学 オートポイエーシス入門 (角川選書) 、2014
http://homepage3.nifty.com/tanemura/re3_index/1A/o_autopoiesis.html

テクネー

ギリシア語のテクネーは近代語のtechnique(英語)、Technik(ドイツ語)の語源にあたる語であるが、本来的、逐語的にはart(英語)、Kunst(ドイツ語)に相当する語である。すなわち、テクネーは、その語根teks-が「製作・建築」を表していることからもわかるように、芸術をも含んで広く技術一般を意味するのである。by日本大百科全書(ニッポニカ)

http://www.cscd.osaka-u.ac.jp/user/rosaldo/040430Su01.html