術語控え帖

もの知らずだと思ったことは..なかったのだが、どうもヌケテイル

術語控え帳

ちょっと立ち止まった言葉 術語・熟語を書いておきます

INDEX■発達心理学関連用語集

術語

異化

またこの言葉にぶつかったので、如何に?以下に 異化 - Wikipedia閲覧(20160706) 異化 異化(いか)は、慣れ親しんだ日常的な事物を奇異で非日常的なものとして表現するための手法。知覚の「自動化」を避けるためのものである。ソ連の文学理論家であるヴィ…

アンビエント・ファインダビリティ

アンビエント・ファインダビリティ の課題 「欲しい情報がどこにあるのか」 Ambient Findability:「いつどこからでも(情報を)発見する能力」 「アンビエント」: 無線ネット接続、モバイル機器、GPS、RFIDなどの技術によって可能になった、 いつでも、どこ…

「フレームワーク」 「グロービッシュ」

最初に言い始めたのはだれなのか? フレームワーク wikipedia 閲覧20160208 開発・運用・意思決定を行う際に、その基礎となる規則・構造・アイデア・思想などの集合のこと。日本語では「枠組み」などと訳されることが多い。 ただいま、 鎌田浩毅さん祭り中で…

限界効用逓減の法則

本日は林先生ネタで 限界効用(Marginal utility)逓減の法則 law of diminishing marginal utility 、又は ゴッセンの第1法則簡単にマンネリといえ、と言われてましたね( ^^) _旦~~(テレビの「林先生が驚く初耳学」は録画で毎回観てます) 楽しい! そして…

疫学転換

疫学転換とは - 国際保健用語 Weblio辞書www.weblio.jp epidemiological transition

景観生態学

いやぁこの「テーマ」!(ブログの背景というかデザインプログラム)ですが、 『スター・ウォーズ ep7/フォースの覚醒』 2015/12公開とのことなので、 いいんじゃないの・・と(笑) 写真の私の机上のヨーダであるが。 ここではよく見えないヨーダ。 さて・・…

「オム・アルカード」

オム・アルカード〈アーチ列の中の人物像〉 歴史と美: オム・アルカード オム・アルカード. homme-arcade。美術史家アンリ・フォション(Henri Focillon)が『ロマネスク彫刻-形態の歴史を求めて』(辻佐保子訳、中央公論社1975)で名付けた、アーチの下に人物像…

プリズム

プリズム(英語: prism) もとは「角柱」という意味。・・とWikipediaにあり 少し、いやかなり驚きました・・ 出典: 『学術用語集 分光学編』 培風館、1999年 学術用語集 化学編 作者: 文部省,日本化学会 出版社/メーカー: 南江堂 発売日: 1986/03 メディア…

メディア

『<盗作>の文学史―市場・メディア・著作権』(栗原裕一郎 新陽社 2008)・・メディアという語が1980年代に日常語化(p237) media=medium(ラテン語、中間・媒介)かっては化学用語であった(p233) ゲーテは文学の独創性についてこう述べた、私が偉大な先…

能力・才能に関係する言葉

セレンディピティ セレンディピティ(serendipity)とは、何かを探しているときに、探しているものとは別の価値あるものを見つける能力・才能を指す言葉である。何かを発見したという「現象」ではなく、何かを発見する「能力」を指す。平たく言えば、ふとし…

複製・模倣に関する言葉

デュプリケーション duplication =複製 複製自体は原則として著作権侵害にあたる デジタル的な複製に著作権の制限規定の適用が疑問となるのは、 情報ネットワークとウエブ環境における複製が営利の目的の有無や私的であるかどうかをた大に峻別できない点にあ…

複製・創作に関係する言葉

複製・創作に関係する言葉 Wikipedia オートポイエーシス (autopoiesis) ギリシャ語で自己製作 (ギリシャ語で auto, αυτό は自己、poiēsis, ποίησις は製作・生産・創作) を意味する造語であり、日本語ではしばしば自己創出、自己産出とも書かれる。 by (Wi…

コーパス

オススメられのアカデミック辞書 Oxford Learner's Dictionary of Academic English: Helps Students Learn the Language They Need to Write Academic English, Whatever Their Chosen Subject 出版社/メーカー: Oxford University Press 発売日: 2014/01/2…

暗黙知(tacit knowledge)

経験を能動的に形成し統合することによって可能となる 知的創造は、セレンディピティ、インスピレーションinspiration、暗黙知といった天才的な人物のひらめきを契機とするものと、先人の知識にちょっと付加したというサムシングニューイズムとの見方が共存…

メディア・リテラシー

リテラシー・・かっては、読み書き能力・識字能力(文字を用いた言語能力)を意味し、 近代化に遅れた諸国における文盲率の解消などといった、啓蒙主義的な実践活動の関係づけられて語られることが多かった 現在は新しいメディア機器に関するリテラシー教育…