術語控え帖

もの知らずだと思ったことは..なかったのだが、どうもヌケテイル

術語控え帳

ちょっと立ち止まった言葉・熟語を書いておきます

INDEX 発達心理学 関連用語

和製漢語 「美術」

「美術」という語を日本語の中に導入した 1873年ウィーン万国博覧会

f:id:nekoatama:20170408165622j:plain

「博物館」「博覧会」: 福沢諭吉「西洋事情」(1866)

1872年 湯島聖堂内大成殿 「博覧会」=東京国立博物館の創立

1873年 ウィーン万博日本品陳列

  佐賀藩:佐野常民、尾張藩:田中芳男、薩摩藩:町田久成

    工芸品中心(鎌倉大仏の張り子、漆器、織物、陶磁器)

     尾張城天守閣の金の鯱が呼び物となった

1877年「美術館」という名称 第1回内国兼業博覧会

殖産興業政策から分離した「放物」の収集と保存

1900年 パリ万国博覧会 岡倉天心 九鬼隆一

1916 日本美術史

   「稿本 日本帝国美術略史」Histoire de L'art du Japan

自文化のイメージとして誕生

時代区分(基本的に現在も変わらない)

 仏教渡来以前

 飛鳥

 奈良

 平安(弘仁・藤原)

 鎌倉

 室町

 桃山

 江戸

 

1918年 森鴎外林太郎 東京帝室博物館(現 東京国立博物館)の展示を、時代別に再編成

 

我々の美術経験の基本的な在り方は、ルーヴルにおいて実現されたもの

ルーヴル美術館 1793年

 フランス革命によるブルボン王朝の崩壊後王室や亡命貴族や教会の財産を集めて開館

 開館直後から 国ごと、流派ごとの展示区分が採用された

ジョルジュ・ヴァザーリの著作「建築家・画家・彫刻家列伝」(Vasari 1550)に端を発する

美術作品の分類・配列の基本原理

部屋から部屋へ巡り歩くことが、「美術」の歴史をたどることを意味する

美術作品は偉大な芸術上の「天才」の産物であり、特定の国の特定の時代を代表するもの

視覚だけを特権化する

博物館:植民地支配の結果もたらされる植民地からの産物 異文化の展示

モダン・アート(前衛芸術)の収集  20世紀・・近代美術館

 

博物館と美術館は同じものの収集・展示の機関であるにも関わらず

一方普遍的な科学を背景として文化を語り、
もう一方は普遍的な美を背景として芸術を語る機関として、

相互に排他的な制度を生み出してきた

同じ'Museum'という語を、博物館と美術館と訳し分けた日本の我々は、その区分を最も忠実に踏襲したといわなければならない

 

  以上 吉田憲司「博物館の歴史」より

f:id:nekoatama:20170726093816j:plain

6月10日 ウフィッツィ美術館にて

 

 

ホワイトキューブ(展示法)

美術史家

ダンカン・キャメロン(Duncan F. Cameron):

ミュージアム(博物館・美術館)のあり方には、テンプルとフォーラムという、二つの選択肢がある

テンプルとしてのミュージアム:すでに評価の定まった「至宝」を人々が拝みに来る神殿のような場所、結果

↓(2000年前後の転換)

フォーラムとしてのミュージアム:未知なるものに出会い、そこから議論が始まる場所、プロセス

 

The Museum, a Temple or the Forum - Cameron - 1971 -

onlinelibrary.wiley.com

 

 

ミュージアム・ノート/07年8月:「来館者」を描く──ミュージアムにおける「観衆」|光岡寿郎

 

ミュージアムというメディアの議論

来館者研究(Visitor Studies)

キャメロンが注目していたのは、ミュージアムにおけるメッセージが視覚言語として構造化されているという事実である。その構造化の形式は、私たちの日常生活にあふれるリニアーな言語的メディアとは異なるものであり、そこにミュージアムというメディアの独自性を見ていたのである。

 

blog.livedoor.jp

”汝、いざ知識の中に進めよ”大英博物館の入り口床に刻まれた、英国の詩人テニスンの言葉。

 「世界屈指の博物館」と名高い大英博物館は、 260年間の歴史を経て、そのコレクションは700万点 を越えるといいます。 文字通り、人類の生み出した有形の文化遺産の 世界最大の集積庫。その様は「モノによる百科 全書」(文化人類学者・吉田憲司氏談) 吉田氏によれば、世界の博物館の間では今、(博物館は) 所蔵品の最終的な「所有者」ではなく、むしろ 「管理者」(Custodian)

であり、本来の所有者や利用者との間 で、様々な協同作業を行う場であるという認識 が広がり始めているそうです。

 

博物館という装置は、その多くが植民地時代に形成されたものであり、他者の文化遺産を所蔵するという、植民地時代の性格をぬぐい切れない、権力的な装置である

過去の文化を創造的に継承し、新たな文化と社会を構築する装置の方向へ(2000年代から)(by吉田憲司)

 

ホワイトキューブ(展示法)

(展示室が、直線的に仕切られた白い壁で構成される)

1930年代ニューヨークの近代美術館(MoMA)によって 確立された展示手法

「鑑賞」とは  すでに確立された価値の追体験の行為である

展示されたものが社会での実用とは切断された「美術作品」であることを宣言し、その価値を観客に追体験させるために導入された仕掛け

www.moma.org

 

スミソニアン国立自然史博物館とルーブル美術館の

アフリカ展示

前者:「アフリカの声」(1999)

アフリカ人とアフリカ系アメリカ人が外部委員会を作って10年以上の歳月をかけて博物館側と共同で作り上げた

後者:「アフリカ、アジア、オセアニア、南北アメリカ」

ケ・ブランリー美術館のショーウィンドウ 世界の中でこの地域の芸術を位置づける

作られた場所における意味や役割より、自らの考える「美術」の世界に非西洋の産物を位置づけるもの

 

Smithsonian Home | Smithsonian Institution

 

国立自然史博物館 (アメリカ) - Wikipedia

ルーヴル美術館 - Wikipedia

 

 

仮面の世界をさぐる アフリカとミュージアムの往還 (フィールドワーク選書)

仮面の世界をさぐる アフリカとミュージアムの往還 (フィールドワーク選書)

 

 

アフリカの声―“歴史”への問い直し

アフリカの声―“歴史”への問い直し

 

 

 

以下 吉田憲司氏テキストより 

従来の展示に潜む既成の価値観に縛られた表象の図式を掘り起こす

1 契機

「20世紀美術におけるプリミティヴィズム」展(1984 MoMA)

下巻表紙(右)

ブルキナファソの民族トゥシャンの仮面(左上)と

マックス・エルンスト作の「鳥=郷部」(1934-35)

  企画者ウィリアム・ルービン

「部族的」なるものと「モダン」なるものとの「親縁性(affinity)」を浮かび上がらせようとした

  人類の芸術的能力の普遍性を実証するかに見えた展示

→「世界を自身のもとに収集しようとした西洋近代のあくなき要求と力を示す」

(ジェイムズ・クリフォード(James Clifford)

 

 

「マジシャン・ドゥ・ラ・テール(大地の魔術師)」展(1989 パリ ポンピドゥー・センター

アートという概念を相対化しようという意図

→非西洋世界に「未開」というレッテルと張りなおす「ネオ・コロニアリズム」

 

 

 3 自省的展示の試み

「アート/ アーティファクトー人類学コレクションの中のアフリカ美術」展(1989 ニューヨーク アフリカ美術センター)

アーティファクト(器物)→どのようにして美術(アート)に仕立てられていくか、

様々な展示形態を再現

展示:文化の客観的な表象の装置ではなく、新たな意味の創出である、とした

展示という行為の持つ政治性、権力性への認識

 

4 「テ・マオリーニュージーランドのコレクションに見るマオリ美術」展(1985-6 アメリカ各地巡回)

対話の実践ー共同作業の試み

 

スミソニアン協会国立自然史博物館のアフリカ展示

「アフリカの声」(1999)

 

5.「自文化」展示のための博物館

「自文化」展示も「異文化」展示同様、表象の権利や権力性から自由になることは不可能

 

 

ジェームズ・クリフォード教授の初来日と講演会

クリフォード教授は、人類学の批判的歴史家として1980年代から人類学の概念や方法論などについて根本的 な内省を促し、人類学の「再活性化」を牽引して来られた。

 「コンタクト・ゾーン」

 

ルーツ―20世紀後期の旅と翻訳

ルーツ―20世紀後期の旅と翻訳

  • 作者: ジェイムズクリフォード,James Clifford,毛利嘉孝,柴山麻妃,福住廉,有元健,島村奈生子,遠藤水城
  • 出版社/メーカー: 月曜社
  • 発売日: 2002/06
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 20回
  • この商品を含むブログ (15件) を見る
 

 

 

文化を書く (文化人類学叢書)

文化を書く (文化人類学叢書)

  • 作者: ジェイムズクリフォード,ジョージマーカス,George E. Marcus,James Clifford,春日直樹,和邇悦子,足羽與志子,橋本和也,多和田裕司,西川麦子
  • 出版社/メーカー: 紀伊國屋書店
  • 発売日: 1996/12/01
  • メディア: 単行本
  • クリック: 6回
  • この商品を含むブログ (6件) を見る
 

 

 

文化の窮状―二十世紀の民族誌、文学、芸術 (叢書・文化研究)

文化の窮状―二十世紀の民族誌、文学、芸術 (叢書・文化研究)

  • 作者: ジェイムズ・クリフォード,太田好信,慶田勝彦,清水展,浜本満,古谷嘉章,星埜守之
  • 出版社/メーカー: 人文書院
  • 発売日: 2003/01/01
  • メディア: 単行本
  • クリック: 22回
  • この商品を含むブログ (53件) を見る
 

 

エイジズムとアクティヴ・エイジング

エイジズム:年齢を理由に差別したり、不当な扱いをすること

エイジング:年を重ねていくこと、加齢

 高齢者が豊かな人生を送ることができるためには、社会的偏見に基づいた高齢者観がない方が良い(「加齢臭」「ほうれい線」?)

 

老化に伴って、時間や方向感覚が失われ、違いを区別して認識できなくなる認知症が出たりする

老化現象には、身体機能や認知機能の低下などがふくまれる

エイジングに伴う機能や構造の老化

1)身体機能の低下

2)認知機能の低下

3)社会的行動レポートリーの減少

加齢による心身機能の低下が、やる気や意欲を引き起こすことがある

身体の老化は精神の老化につながり、さらには、社会性の老化を生じさせる

 

 

必ずしも機能低下が生じないものもある

キャッテルが提唱した知能の捉え方がそれである
結晶性知能は成人期にピークを迎えた後も衰退することがない

 

65歳以上で働く高齢者の半数以上は、非正規雇用である

 

異世代の人々との交流を通じて、高齢者は主観的幸福感や社会的適応を高めていくことができる

老生自覚と失うことの意味

 

 

我が国の高齢化率は 24.1%(2012年)であり、超高齢社会である

*2014年は 26.0%(前年25.1%)

高齢化率:65歳以上の人口が総人口に占める割合

1)高齢化社会(7~14%)

2)高齢社会(14~21%)

3)超高齢社会(21%~)

 *1970年には7.9%であった(内閣府)

第1章 高齢化の状況|平成27年版高齢社会白書(概要版) - 内閣府

2042年に3,878万人でピークを迎え、その後は減少に転じるが高齢化率は上昇。 平成72(2060)年には高齢化率は39.9%に達し、2.5人に1人が65歳以上
平成72(2060)年には75歳以上人口が総人口の26.9%となり4人に1人が75歳以上。

 

高齢者の生き方:カミングとヘイリーCumming and Henryの離脱理論

 

http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/download.php/AN0006957X-00000043-0001.pdf?file_id=36725

 

ハヴィガースト:活動理論

中年期の活動を可能な限り継続的に維持することによって、満足した老年期を過ごすことができる

世界保健機構:アクティヴ・エイジング

バトラー:プロダクティブ・エイジング

 老年になっても様々なことに取り組み、生産的に何かを作り出していく高齢者の生き方

有能なる乳児

レム睡眠:目の動きや体の動きがあり、夢を見ていることが多い

新生児の睡眠の半分(8時間)程度はレム睡眠であるが、次第に低下していき、2~4歳頃には20%以下になる

視覚情報に乏しかった母体内で、十分に発達させられなかった視覚系を、レム睡眠により自己刺激することで、睡眠中でも発達させようとしている 

 

生後半年くらいまでの乳児の音韻分別は、どのような言語の音韻についても可能であるが、その後は次第に母語で必要とされる音韻のみが分別可能になっていく(刈り込み pruning)

 

動物行動学者コンラート・ローレンツ

コンラート・ローレンツ - Wikipedia

Konrad Zacharias Lorenz, 19031989 

刷り込みの研究者で、近代動物行動学を確立した人物のひとりとして知られる。ノーベル生理学・医学賞受賞者

息子は物理学者のトーマス・ローレンツ。父より先に死去した。

 

 

乳児図式(ベビースキーマ) 大きい頭、大きい額、大きい目、丸い頬、平たい鼻、短い手足

養育行動を引き出す

人ha乳児図式を見ているとき、脳内の快の感覚の中枢と考えられている側座核が活性化する〈byグロッカーら〉

「MINI原人色彩論 Quelle couleur aimez-vous pour votre voiture? 6」MINI原人のブログ |

Glocker ML, et al: Baby schema modulates the brain reward system in nulliparous women. Proc Natl Acad Sci USA. 2009 106:9115-9. Photo

 

・原始反射の一つである歩行反射は自発的な歩行へとつながる

・6~7か月児は落下の物理的法則や人と物の区別を理解している

原始反射 - Wikipedia

=正常な幼児が特有の刺激に応えて示す中枢神経系由来の反射行動である

マジカルナンバー7

 記憶のシステム

学習心理学|マジカルナンバー7

マジカルナンバー7とは一般的には7つ以下のまとまったものは覚えやすく、8つ以上になると覚えにくいという心理学用語です。  

これはアメリカの心理学者ジョージ・ミラーが人の短期記憶の容量が7±2であることを発見し、認知心理学の先駆けとなった

 簡単に言うと人は一度だけ聞いたことを覚えておくにのは7個前後が限界だということです。  

例えば、数字なら電話番語や郵便番号のように7桁前後が限界になります。

人物名なら7人前後なら一度に覚えられ、それ以上になると難しくなります。  日本でも昔から八百屋や八百万の神など数え切れないほど多いものの例えで8という数字がよく使われます。

 

ジョージ・ミラー - Wikipedia

ジョージ・ミラー(George Armitage Miller)

短期記憶では、概ね7±2のまとまり(chunk チャンクという)しか覚えられない

短期的な情報操作を重視する考え方=作動記憶(作業記憶 ワーキングメモリー)

 

最早期記憶…4歳という年齢がクリティカルな転換点

4歳以前の記憶が保持されていない理由(3つの説)

1 幼児性健忘(フロイトによる幼児期の記憶の抑圧説)

2 認知発達の未熟(自己を対象化してとらえる視点が不成立)

3 記憶のモダリティの違い(言語にシフトしない、非言語的な記憶である)

 

「9歳の壁」の意味

9歳の壁

小学校高学年 具体的操作から形式的操作に移行する時期

例:分数・・日常生活で使用している具体的な数の概念とは大きく異なっている

 

エリクソンの理論では

勤勉性対劣等感の危機が生じる時期

 

*児童期初期に、液量の「保存」課題ができるようになる(液の高さと容器の幅という複数の側面を同時に考慮できるようになる)が

その基礎には

「相補性」

「可逆性」

「同一性」の操作の獲得がある

(表象を頭の中で変形させながら思考を展開できるようになる)

原言語(三項関係の成立)

言語発達

生まれたときは言葉のない存在 

乳児infantとはnot speakという意味

 

人には生得的(せいとくてき)で普遍的な言語獲得装置(Language Acquisition Device)が備わっている

(byチョムスキー) 

 

誕生 前言語的発声

生後3カ月 二項関係の成立

6か月 喃語

9カ月 原言語(三項関係の成立)・・コミュニケーションの基本構造

1歳 言語獲得期 一語発話

1歳半 二語発話

2歳  多語発話 産出語数 200~300語 「語の爆発期」

3歳 600~1000語

4歳 メタ言語期 1000~1600語

6歳 2000~3000語 比喩の理解

語彙の獲得は生涯にわたる(広辞苑の収録語数は24万語以上)

 

大脳のブローカ領(前言語皮質)に障害が生ずると、言葉を発することが困難となる

ウェルニッケ領(後言語皮質)は耳からの情報を理解する役割を果たす

流暢性失語 意味のある言葉にならない

レネバーグの研究(Lennebeg)大脳の左半球優位 機能が可能である臨界期は思春期

 

言語獲得支援システム「足場掛け」

マザリース(母親語)の特徴 敏感調整仮説

パラ言語的素性

音韻的素性

頭語的素性

意味的素性

相互作用的特性

識字率90%以上は179か国中100(日本99%)

QOL((生活の質)の指標

 強情っパリのロッタちゃん5歳お喋り上手?(スウェーデン映画)

 

 

ロッタちゃん はじめてのおつかい [DVD]

ロッタちゃん はじめてのおつかい [DVD]

 

 

 

ぶたのバム バム M ぬいぐるみ 長さ30cm

ぶたのバム バム M ぬいぐるみ 長さ30cm

 
ロッタちゃんとクリスマスツリー (ロッタちゃんがかつやくする絵本と童話)

ロッタちゃんとクリスマスツリー (ロッタちゃんがかつやくする絵本と童話)

  • 作者: アストリッド=リンドグレーン,イロン=ヴィークランド,やまむろしずか
  • 出版社/メーカー: 偕成社
  • 発売日: 1979/12
  • メディア: 大型本
  • 購入: 1人 クリック: 2回
  • この商品を含むブログ (6件) を見る
 

 

 

ちいさいロッタちゃん (1980年) (偕成社/新しい翻訳童話)

ちいさいロッタちゃん (1980年) (偕成社/新しい翻訳童話)

  • 作者: アストリッドリンドグレーン,イロンヴィークランド,山室静
  • 出版社/メーカー: 偕成社
  • 発売日: 1980/06
  • メディア: ?
  • この商品を含むブログを見る
 

 

認知的評価そのものが情動を生起させる

自己の情動の発達

個別情動理論

 生得的に備わっている「基本情動」喜び、悲しみ、怒り、恐れ、驚き、嫌悪、興味

ルイス(Lewis.M.) 構成主義 生後3年間の情動発達

誕生~生後6か月 一次情動(primary emotions)

 充足→喜び

 興味→驚き

 苦痛→悲しみ、嫌悪→怒り、恐れ

 

1歳後半~社会的情動(social emotions)

 (自己意識情動)

 てれ

 妬み

 共感

 

2歳半~3歳

自己意識評価情動

 困惑

 誇り

 恥

 罪悪感 

 

 

 

ラザルスの認知評価理論

sinri-psycholigy234.cocolog-nifty.com

認知的評価理論とは、「認知的評価が感情の生起に先行する」

認知的評価そのものが情動を生起させる)とする

情動の生起にかかわる評価のプロセス

 

一次的評価・・自動的無意識的に進む情報処理

 自分の目標・利害関心との関連性・合致

 自我関与の種類(自分にとってどのような意味があるのか)

  事象(ストレスイベント)が有意味かどうか。有意味ならば有害かどうか、という評価。

二次的評価・・やや意識的より高次の情報処理

  一次的評価の後、その事象に対処できるかどうか、という評価。

 原因・責任の所在、

 対処可能性・統制能力の有無・程度、将来展望

健康を決める力:ヘルスリテラシーを身につける

人は、環境とかかわっていく中で、何が、どの程度ストレスなのかを決めているというのです。こうした決定を、ラザルスは「認知的評価」と呼ぶ。そして、こうした決定を行いながら、周りからの色々な要求や、湧き上がってくる感情を処理していく過程を「対処(コーピング)」と呼ぶ

 

ameblo.jp

(マイケル・ルイス)(1877-1956) 1. 人は生まれながらにして「苦痛」「満足」「興味」の3つの感情を持っている 2. 3ヶ月目頃までに「満足」という感情から「喜び」という感情が生まれ 「苦痛」という感情から「悲しみ」と「嫌悪」という感情が生まれる。 3. 6ヵ月目頃までに「嫌悪」から「怒り」と「恐怖」という感情が生まれ、「興味」から「驚き」という 感情が生まれる こうして、概ね9か月頃までに喜怒哀楽という基本的な感情が形成される。 4. 16ヶ月目頃には、歩いて行動できる様になることで親元を離れ 自分の世界を創りあげていくことで、「照れる」「憧れ」「共感」といった感情が生まれる 5. 36ヵ月目頃には親や周囲の人の存在を認識することで 「自尊心」「罪悪感」「恥ずかしい」といった感情が生まれる

www.tango-cho.com

キャッテルの流動性知能

現代の知能理論2つ

スピアマン(Speaman、C.E.)による「ℊ因子説」

 知能テストの得点は一般知能gテストに固有の成分(特殊因子s)から構成される

 知能指数(IQ)を重視、遺伝性を強調

サーストン(Thurstone,L.L.)による「モジュール説」 一般知能gを否定 多重知能MI(maultiple intelligence)の理論

 

キャッテルーホーンの理論

 CHC理論、Cattell-Horn-Carroll Theory 

(キャテル・ホーン・キャロルの三人の学者の頭文字をとったもの)

ogasawara.cocolog-nifty.com

8つの知能因子と流動性知能、結晶性知能

 認知的処理速度

 視空間能力(視覚的知能)

 短期記憶(短期の習得と検索)

 長期貯蔵と検索(長期の習得と検索)

 聴覚的処理(聴覚的知能)

 決断/反応速度(反応時間/決定速度)

 量的知識

 読み書き能力

 

「収束的思考」知能検査で測る能力

「拡散的思考」芸術活動などに関連する能力

比喩表現は共感覚(その刺激が本来喚起する感覚だけでなく他の感覚が伴って生ずるもの)的表現であることが多々ある

例「黄色い声」「うるさい色」甘い声」

 

認知の隔たり 視覚優位と聴覚優位

 

 

レイモンド・キャッテル - Wikipedia

(Raymond Cattell, 1905 - 1998)キャッテルの主な発見は、因子分析法の使用による結晶性知能と流動性知能の発見である。

結晶性知能とは、学校で受けた教育や、仕事・社会生活の中で得た経験に基づいた知能である。例えば、言葉の分析、単語力、語学能力などは、この結晶性知能によって行われる。

一方、流動性知能とは、新しいことを学習する知能や、新しい環境に適応するための問題解決能力などのことである。

そして、結晶性知能の発達は、個人の流動性知能によって左右される。

つまり、二人の人間が全く同じ経験を積んだ場合、流動性知能の高い個人が、結晶性知能をより発達させることができる。

ただし、いかに流動性知能が高い個人でも、知能を発達させる環境(例;学校)に晒されなければ、結晶性知能はあまり発達しない。

 

donnellygrouprealestate.com

 

www.direct-commu.com

流動性知能とは、正式には流動性一般能力と呼び、動作性の知能と捉えることができる。

結晶性知能とは、正式には結晶性一般能力と呼び、言語性の知能と捉えることができる。

レミニッセンス・バンプ(自伝的記憶の山)

記憶のシステム(3つの過程)

 記銘(符号化)→保持→再生再認

保持 短期的(短期記憶)

   長期的(長期記憶)

忘却・想起

短期記憶(作動記憶 ワーキングメモリー 容量7±2チャンク)

 から

長期記憶(回想記憶 展望記憶 容量無限)

 への移行

  維持リハーサル

  精緻化リハーサル(繰り返し)によって補強

  想起するフック〈鈎〉を使ったり分割・グループ化

想起を求める質問の言葉が記憶の変容をもたらす

忘却の原因 減衰説 干渉説 検索失敗説

長期記憶 

 宣言的記憶(エピソード記憶 意味記憶)

 手続き的記憶

エピソード記憶

 自伝的記憶=回想的記憶

 展望的記憶

顕在記憶と潜在記憶

メタ記憶(自分自身で意識し、それをモニターしたり、さらによりよく記憶できるような工夫を試みたする)

 

もっとも古い記憶 3~4歳が46%  4歳という年齢がクリティカルな転換点

 

認知症の記憶障害は記銘(符号化)

健康な人の物忘れは記憶の想起の困難(記憶へのアクセスの問題)

 

自伝的記憶(人が生活の中で経験した様々な出来事に関する記憶の総体)

親近性効果」現在の年齢に近い時期の記憶が最もよく想起される

「レミニッセンス・バンプ」

 10代後半から30歳代前半の記憶の想起に大きな山がある

(その時期の決断や経験がその後の人生に大きな影響を及ぼしている)